結婚が決まったら

ブライダルフェアに参加しよう

希望の挙式スタイルや披露宴のイメージが湧いてきたら、次はブライダルフェアに参加してみましょう。結婚式場やホテル、ゲストハウスなど、あらゆる場所でイベントが行われており、デート気分で遊びに行くことができます。休日の大きなフェアで本番の雰囲気を体験するのはもちろん、平日の相談会でゆっくり話をするのもオススメ。来場特典として、お土産や割引券がもらえることも。

ブライダルフェアって?

結婚式~披露宴の雰囲気を疑似体験できるイベントです。

【試食会】
婚礼料理のフルコースやその一部、デザートを味わえるチャンス。予約制の場合が多いため、事前の確認が必要です。

模擬挙式】
チャペルや神殿で、モデルを主役に行われるセレモニー。ゲストの気分で参列すれば、招待した人が「自分たちがどう映るか」まで実感できるはずです。


会場見学】
本番の披露宴さながらにコーディネートされた、パーティルームを見学できます。装花のイメージ、テーブルの位置など、当日そのままの雰囲気を体験してみましょう。


試着会】
コスチュームさろんで気になるドレスに袖を通してみましょう。自由にスナップ撮影ができる場合もあるため、今後の衣裳選びの参考になります。


相談会】
プランナーと相談する時間も用意されています。どんな結婚式ができるのか、予算はどのくらいか、詳しく話を聞いてみましょう。見積りを出してもらうことも可能です。

結婚式のテーマを探す

どんな挙式にする? 披露宴会場はどこにする? 考え出したらきりがない…。
そんなふたりのために、「自分たちらしい」結婚式を叶えるための方法は、ズバリ!「テーマ探し」が重要なポイント。

どんなテーマがあるの?

これまで結婚式を挙げてきた先輩カップルたちは、どんなテーマを取り入れてきたのでしょう?ふたりが大好きな花を会場に飾ったり、演出に使ったり。また趣味のアイテム、好きな季節、お気に入りの色、モチーフを使うパターンも多いようです。

例えば…

◆思い出のテーマパークを再現
ふたりがデートを楽しんだテーマパークなど、大好きな場所を会場内に再現するのも面白いはず。ケーキのデザイン、ドレスの色も統一すれば、見た目もお洒落です。

◆手作りにこだわるパーティ
披露宴会場を飾るウエルカムボード、席次表など、ペーパーアイテムをすべて手作りするカップルも。ゲストへの一言メッセージを添えれば、きっと喜んでもらえるでしょう。

◆和がテーマの艶やかウエディング
神前式のあと、和服で披露宴を行うのもお洒落。パーティは鏡開きでスタートし、ケーキではなくちらし寿司入刀なんて演出も盛り上がるはずです。

色や形としてモチーフ使いできるテーマでなくても、「ゲストと楽しめるパーティー」「プライベート感たっぷりの邸宅パーティー」など、スタイルそのものをメインにしてもOK。
結婚式の軸になるような「ふたりらしさ」を決められたら、きっと充実した1日になるでしょう。まずは、ふたりで「どうしたい?」とじっくり話し合ってみましょう。

どんな場所で、どんな演出をする?

プロポーズは、一生の思い出となる瞬間。特に女性にとってシチュエーションはとても大事です。

でも大切なのは気持ちが伝わること。サプライズにこだわり過ぎず、あなただけの思いを込めたプロポーズを成功させてくださいね。

リッチな場所で非日常を演出!

人気レストランのディナーを予約したり、高級ホテルの宿泊デートを計画し、ロマンチックなプロポーズを叶えてみてはいかがでしょう。夜景の見えるテーブルや、いつもよりハイクラスな客室を予約するのがベターです。

可能であれば事前にスタッフまで「プロポーズしたい」と相談してみましょう。スタッフの方が協力してくれたら予想以上にドラマティックな演出が叶います。例えばレストランなら、コース料理の最後に、サービスマンに花束と指輪を運んできてもらいましょう。ホテルなら、ふたりがレストランで食事中、客室をデコレーションしてもらったり、ルームサービスを使ってサプライズの贈り物をしてみては。最近は、『プロポーズプラン』を用意している店やホテルもあるため、ぜひチェックを。

披露宴のスタイル

挙式を行ったあと、招待したゲストと食事やコミュニケーションを楽しむ披露宴。ホテルや式場のパーティルームで行うものから、レストランを貸切ったり、会費制でカジュアルにしたりと方法は無限大です。

場所、料理、雰囲気、演出まで、組み合わせ次第で「ふたりだけの披露宴」が形になります。その主なスタイルについて探っていきましょう。

披露宴会場について

ホテル ・・・ 大きな披露宴会場はもちろん、挙式会場、美容室など、充実した施設が揃います。アクセスが便利で宿泊施設もあるので、遠方からのゲストを招きやすい利点があります。上質なサービスを受けられるのも魅力。

専門式場 ・・・ 結婚式のためだけに用意された会場のため、大聖堂や神殿、披露宴会場などの設備面が充実。専門知識と経験を備えたプロが揃い、きめ細かなサポートをしてもらえるとあって、ふたりの負担が軽くなるはずです。

ゲストハウス ・・・ 海外リゾートを思わせる一軒家を貸し切り、プライベート感満載の1日を過ごせると大人気です。広大なガーデン、プールを備えた施設も多く、あらゆる場所を使って思い思いの演出を楽しめます。

レストラン ・・・ 「おいしい料理でもてなしたい」と願うカップルには、レストランがオススメ。独創的な味、盛り付けはプロならではです。店を貸し切りにするケースが多く、ゲストとの会話が弾むアットホームな時間を楽しめます。

3つの挙式スタイル

ふたりのセレモニーの場所を決める前に、「どんな結婚式を挙げたいか?」について考えておきましょう。現在主流となっている挙式スタイルについて、詳しくご紹介します。

キリスト教式

ロマンチックな大聖堂でバージンロードを歩く憧れのチャペル挙式。キリスト教の教義をベースに執り行うため、一般的な教会で挙げられるのは信者のみの場合が多いもの。ただし、ホテルや式場のチャペルで行う、プロテスタント教派のセレモニーなら、宗教に関係なく挙式が可能に。親族、友人、知人など、多くのゲストに見守ってもらえるのも特徴です。女性は白いウエディングドレス、男性はタキシードなどの礼服を身に着けます。

セレモニーは約20~30分。プロテスタントの場合は牧師が司会を行います。先に新郎が祭壇前に立ち、新婦は父親と一緒に入場し、新郎のもとへ。ゲストを含め全員で賛美歌を歌い、牧師が祈りを捧げたあと、新郎新婦が結婚の誓約をします。指輪交換や、結婚証明書へのサインを経て閉式。挙式中に生演奏やリングボーイを登場させたり、式後のフラワーシャワー、バルーンリリース、ブーケトスなどの演出も人気があります。
1 2 3

プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー