結納と食事会

結婚が決まったら、お互いの家族同士のご挨拶。両家顔合わせを兼ねた食事会を開くなど、ふたりはもちろんご家族の意向も確認しながら、準備を進めると良いでしょう。

結納は正式に婚約を確認し合う儀式にあたり、結納品の取り交わし方は地域によって異なります。ホテルや式場に結納プランが用意されているケースも。

しきたりを重視する両親・カップルは結納、もしくは結納と食事会の両方を開くようですが、最近は顔合わせの食事会のみを行うケースが増加。食事会のみの場合、その場で婚約指輪などの記念品を交換することが多いようです。ただ、両親世代には地域のしきたり、伝統を尊重したい人も多いもの。両親と新郎新婦がじっくり話し合い、不満が残らないようにしたいですね。

結納は地域によりスタイルはさまざま

「関東式」…男女同格、もしくは女性を一段下とみなして結納品を取り交わします。男性が女性へ結納金を贈り、その半額を女性が返す「半返し」が主流です。

「関西式」…男性だけが女性に結納品を贈り、女性側は「受書(うけしょ)」を渡します。後日、結納金の1割程度のお礼を贈ります。