ドレス・衣裳を決める

かしこい2着目選び【カラードレス編】

披露宴中にお色直しをすれば、雰囲気が異なりパーティに華やかさも加わります。

ウエディングドレスとカラードレスの2着を着たり、ウエディングドレス+色打ち掛けで和と洋の両方を楽しむ人も。お気に入りの装いをみつけて、一日を楽しく過ごしましょう。

なりたい姿のイメージを考えてみる

せっかくお色直しをするからこそ、ウエディングドレスとはイメージの違う姿を披露したいもの。肌や髪の色、雰囲気、体型によって「似合う色」は違うため、慎重に選びたいですね。

「大人っぽく」「かわいらしく」「シンプルに」など、なりたい姿のイメージを考えてから、それに合うデザインを探してみてもいいでしょう。何着も試着することで、自分に合う色、デザインが見えてくるはずです。迷う場合は、ドレスショップのプロの意見を参考に。カラーコーディネーターが常駐している店もあります。

似合うシルエット・ドレス選び

体型ごとに似合うシルエットがありますが、まずは式場の衣裳サロンやドレスショップなどで、様々なラインのドレスを自由に試着してみるのがオススメです。胸元のデザイン、スカートのボリューム次第で、自分の体型が全く変わって見えるはず。

そして気をつけるべきなのが「会場の雰囲気」。大きな会場でシンプルなAラインでは目立ちにくかったり、大聖堂に映えるロングトレーンもガーデンでは動きにくかったり。会場との相性も考えながら選んでみましょう。

代表的なシルエットの種類

◎プリンセスライン

上半身はほどよくタイトに、ウエスト位置でラインが切り替わり、ふんわり広がるスカートが目印のお姫様ドレス。下半身のすべてを大ボリュームドレスが隠してくれるので、ぽっちゃりさん、お尻が大きい人の悩みをカバーしてくれます。

 

◎Aライン

上半身から下半身にかけて、Aの形さながらに広がるシルエットが特徴。シンプルかつ上品で、ウエスト位置が高く体をすっきりと見せてくれます。下半身にボリュームがあるため、どんな体型の女性もスッキリと着こなせます。

 

◎スレンダーライン

体のラインをそのまま見せる細身シルエットが特徴のドレスです。縦長のラインを強調するため、華奢な花嫁を演出できます。背が高くスレンダーな女性に似合うのと同時に、動きやすいこともあり、レストランやガーデンでのウエディングに最適。

 

◎マーメイドライン

名前の通り、人魚姫を思わせるシルエットがポイント。上半身から膝の位置まではスッキリとタイトに、膝下から裾へスカートが広がります。スリムな方にオススメですが、胸からウエストにかけての曲線美を演出できるため、どんな女性でもスタイルアップを目指せるはず。

プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー