結婚式の演出を決める

ガーデンを利用したパーティ演出

広々としたガーデン付きの会場でパーティをするなら、ぜひ屋外演出を取り入れましょう。開放的なガーデンでゲストと楽しめる内容を考えるとベスト!会場によっては、ウエルカムパーティやデザートビュッフェをガーデンで行えるところも。女性ゲストには人気が高く、ゲスト同士の会話も弾みそうですね。

 

屋外ならではの演出

ブーケトスやブーケプルズは、青空の下で行えば開放感抜群!そのほか、室内では難しいシャンパンサーベラージュもオススメです。さらにサプライズ感アップと言えば、ナイトパーティ限定の花火がイチオシ!

披露宴を盛り上げる演出を考えよう

披露宴では、年輩者から小さなお子様まで、老若男女、あらゆる世代のゲストが集います。列席してくれるゲストの顔ぶれを考えながら演出を選べば、きっと盛り上がるパーティとなることでしょう。

定番から個性的な演出まで

披露宴は一般的に2〜3時間が目安。主役のふたりを紹介して、食事をして、写真を撮って、…と考えると、意外と時間は足らないもの。メインとなる演出を厳選し、メリハリのある、有意義な時間をゲストに楽しんでもらいましょう。
披露宴での演出は、「新郎新婦が直接ゲストと触れ合うもの」、と「余興として楽しめるもの」とで時間配分を考えてみて。

ぴったりのBGMを考えよう

ここでは、パーティーシーンにふさわしい曲をご紹介します。入場時や乾杯、歓談タイムなど、披露宴の様々な場面で耳にする音楽は、演出の一つとして欠かせないアイテムです。おふたりのテーマに合わせた曲、いろいろな演出に合わせた曲など、感動の一日にふさわしい音楽を見つけてください。

BGMの選曲

ゲストが受付をしたり、披露宴までの時間を過ごすウエルカムスペースにもBGMがあるといいですね。挨拶やおしゃべりを妨げないような、控え目ながら幸せが伝わる曲を選びましょう。ジャズやボサノバ、インストゥルメンタルはもちろん、曲調の優しいポップスやバラードでも。サーファーカップルなら、海辺で聞きたいリラックスサウンド、ハワイ好きカップルならハワイアンミュージックを選んでも!披露宴への期待感も高まることでしょう。

ウエルカム演出

披露宴が始まるまでの待合い時間は、新郎新婦が1人ひとりを迎えられないため、ゲストが退屈しないような演出を盛り込みたいもの。ふたりの自己紹介ができるアイテムを用意したり、和やかに過ごしてもらえる時間となる工夫をしましょう。来てくれてありがとうという気持ちや、おもてなしの気持ちが伝わると良いですね。

様々な工夫を凝らしてみて

◎おもてなしの気持ちをカタチに
まずは会場入口に置くウエルカムボードに工夫を。ふたりの名前や式の日付、メッセージを表記するだけでなく、似顔絵、写真を使うなど、様々なアイデアを形にすることができます。このボードを中心に、受付にベアのぬいぐるみなどウエルカムドールを置いたり、花や小物でアレンジしてウエルカムコーナーを作ってもいいでしょう。
待ち時間が長い場合は、ゲストにメッセージボードへの寄せ書きをお願いしてみても。また、ウエルカムドリンクやプチデザートを用意するのも良い方法です。その場合は、余裕をもったスペースや椅子の確保ができるかも会場へ確認しましょう。

◎ふたりの紹介
新郎新婦の幼少期からの写真、前撮り写真などを並べた自己紹介コーナーを作ってみてはいかがでしょう。年配のゲストや友人たちなどに、披露宴前にふたりのことを知ってもらうチャンスです。同様に、ふたりのおいたちや挨拶文を掲載したプロフィールパンフレットを配り、読んでもらうのも良いアイデア。新聞風にしたり、小冊子にしたり、簡単な2つ折りカードを作成するなどオリジナルアイデアで作りましょう。

◎ゲストのワクワク感を盛り上げて
例えば、「花嫁がお色直しで着るドレスの色は?」とクイズを用意し、待ち時間の間に答えてもらうなど、ゲストがワクワクする気分を盛り上げるアイテムや企画を用意してみましょう。他にも、会場のあちこちにふたりからの直筆メッセージを置いておけば、多くのゲストに目を留めてもらうことができます。
さらにゲスト全員が直接目にする招待状、席次表、席札、メニュー表も立派なウエルカム演出。ぜひ自分たちのテーマに合わせてこだわって作成しましょう。一冊にまとめてコンパクトにする商品もありますよ。また、席次表にゲストの簡単な紹介文(大学のサークル仲間、同期入社の友人など)を書き入れると初めて会うゲスト同士の会話のきっかけにもなります。席札には、ゲストへの手描きのメッセージを添えれば喜んでもらえるはず。

挙式シーンの演出

忙しい本番当日は、新郎新婦がゲスト一人ひとりと会話したり、感謝を述べたりする時間はごくわずか。その代わりに、同じ会場で感動を分かち合うことで一体感を味わえます。

ゲスト参加型セレモニー

挙式には、キリスト教式、神前式、人前式とタイプがありますが、特に自由度の高い人前式ではオリジナリティの強い演出が可能です。もちろん挙式タイプに限らず幅広い楽しみ方があるので、ふたりにぴったりの演出を考えましょう。
指輪を祭壇まで運ぶリングボーイ(ガール)、花嫁の長いベールの裾を持ってくれるベールガール(ボーイ)など、子どもゲストにお手伝いしてもらう演出はかわいらしさいっぱい。欧米の風習に習い、花嫁の友人や親戚から、結婚前の女性を選んでブライズメイドになってもらうのも記念になります。家族である大切なペットをドレスアップさせて、登場させるのも思い出になるはず。
そのほか、ゲスト全員にリボンを持ってもらい、そのリボンに指輪を通して祭壇まで運ぶリングリレーや、結婚承認のベルを鳴らしてもらう演出などもオススメです。
1 2

プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー