内祝いについて

結婚式を行う場合、挙式一ヶ月前から一週間前ごろにお祝いが届くことが多くなるでしょう。お祝いをいただいたら、すぐに電話かメールでお礼を伝えましょう。手渡しされた場合は、その場で感謝の気持ちを伝えます。披露宴にご招待しない人からお祝いをいただいたら、内祝いを用意しましょう。

内祝いって何?

内祝いとは「身内のお祝い」のこと。自分のうちにおめでたいことがあったので、お祝いの品で親族や親しい方、近所の人とその喜びを分かち合いましょう、というのが本来の意味です。つまり、おめでたいことがあった人が、いわば自主的にお世話になった方に贈るものを指すものでした。
現在では、一般的にいわれている内祝いとは、周囲の方からお祝いの品をいただいた後の「お返し」を指すことが多いようです。