六輝について

結婚式の日を決める際、過ごしやすい春や秋が選ばれることが多いもの。おめでたい日のため、「六輝(六曜)」を気にされる方もいらっしゃいます。お日柄と呼ばれる六輝とはどのようなものでしょうか?

どこまでこだわるのか、ふたりや家族の意向を確認しておく

六輝とは先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種のことをいいます。

結婚式は大安に、葬式は友引を避けて、などと言われることも。もとは中国から伝わった占いがベースになり、江戸時代の終わり頃から、吉凶をあらわすようになったそうです。

六輝それぞれの意味

大安 ・・・ 六輝の中で最良の日。結婚式や結納に選ぶ人が多いです。

友引 ・・・ 午前、夕方、夜は吉。昼は凶。幸せをお裾分けできるとあって、大安の次に人気があります。

先勝 ・・・ 午前が吉で午後が凶。早く急ぐことが良いとされ、午前中に式を始めればOKとも。

赤口 ・・・ 牛の刻(午前11時~午後1時)まで吉、その他は凶と言われています。

先負 ・・・ 午後は吉。勝負事や急用を避け、すべて余裕をもって進めるとベターです。

仏滅 ・・・ 六輝の中で最も凶の日。

お日柄にこだわるのは自分?家族?

お日柄を考えた時に大安を好む人が主流ですが、新郎新婦であるふたりが「どこまでこだわるか」をよく話し合っておく必要があります。それぞれの家族の意向も大切にしましょう。

「大安でなくてはダメ」と言う人もいれば、「記念日に式を挙げたいので、こだわらない」という人も。土日祝日の大安が好まれる反面、仏滅に割安プランを組む結婚式場もあります。気にしない人は、それを利用するのも結婚式場選択の一つになります。

 

結婚式の日程を決める時には、自分や列席者の仕事の繁忙期を避けたり、夏や冬のオフシーズン割引を参考にするなど、さまざまな情報を集めて、ふたりの希望に合うようにしましょう。

プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー