新郎の衣装選び

衣装選びのときは、つい花嫁ばかりに気をとられがちですが、結婚式は二人のバランスが大切。新郎の体型や雰囲気、花嫁のドレスとのバランスを考えながら、新郎の衣装も、会場に映えるように選びましょう。

代表的なスーツスタイル

代表的なスーツスタイル
◎フロックコート
モーニング以前の昼間の正礼装として用いられていた礼服です。型はダブルの六つボタン、もしくは八つボタンとシングル三つボタンがあり、丈は膝上で前も後ろも全体的に長くなっています。色は黒かダークグレーが正式とされていましたが、現在ではウエディングドレスとのコーディネートやトレンドもふまえ、多種多様なカラーやスタイルが存在します。

◎モーニングコート
昼間の正装として用いる男性の礼服です。以前はフロックコートが用いられていましたが、現在ではモーニングコートが第一礼装とされています。前裾が大きく切り落とされ、後ろに長いテールをもつスタイルが特徴で、カッタウェイコートと呼ばれることも。教会との相性が良く、ボリュームのあるウエディングドレスの隣でよく映えます。

◎タキシード
昼間の礼装として用いる男性のフォーマルウェアで、スワローテールコートに準ずるとされています。ビジネススーツのようなジャケットタイプのため、着こなしやすいのがポイント。あらゆる体型の男性にオススメです。

◎ロング・タキシード
ジャケットの丈はコートとタキシードの中間程度。ミディアムレングスのタキシードは、チャペル挙式からレストランウエディングまで幅広く着用可能で、どんな体型にも似合う人気のデザインです。最近では、この衣裳を選ぶ男性が多くなっています。ブライダルスーツや、セレモ

プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー